ニュース&トピックス

アーカイブ

2024年

06月Record high prices, rising mortgage rates depress US home sales/ 米中古住宅販売、5月は0.7%減の411万戸 価格は過去最高を記録U.S. adds a much-better-than-expected 272,000 jobs in May, but unemployment rate edges up to 4% 5月の米雇用統計 就業者数 前月より増加 市場予想大きく上回る 05月ヒューストンはシカゴの人口を超え 全米第3都市になるのか? Is Houston poised to surpass Chicago as 3rd most-populous U.S. city?米就業者数、4月は17.5万人増 市場予想下回る04月Japan's yen tumbles to 34-year low; US dollar gains after inflation data ドル34年ぶり157円台へ上昇、日銀の現状維持や米インフレ思惑で金利差意識US job growth blows past expectations; unemployment rate falls to 3.8% 米雇用、3月30.3万人増で予想大幅に上回る 失業率3.8%に低下03月米国で先細る日本語教育 講師の応募減、対策へ日米連携US labor market cooling; unemployment rate rises to two-year high of 3.9%/ 米2月雇用27.5万人増 予想上回る 失業率3.9%に悪化02月Nikkei scores first record high since 1989 as Nvidia fuels frenzy 日経平均バブル期超える、34年ぶり高値更新で初の3万9000円台乗せUS Consumer Sentiment Increases for a Third Straight Month、米消費者マインド3カ月連続で改善、先行き楽観-ミシガン大調査US weekly jobless claims stay low despite high-profile layoff announcements/ 米新規失業保険申請、予想超える減少 労働市場なお堅調Wall Street ends higher; earnings, jobs report in focus 米国株式市場=反発、ダウ369ドル高 主要企業決算や米雇用統計に注目01月eBay is laying off 1,000 employees, about 9% of its staff 米イーベイ、1000人の人員削減を発表"US producer prices unexpectedly fall; goods deflation seen persisting" -米12月PPI、前月比0.1%下落 予想に反し 前年比は伸び加速Important Update on Waivers of the Interview Requirement for Certain Nonimmigrant Visa Applicants

2023年

12月Unemployment claims are up, but are still “extraordinarily low” 米失業保険申請件数、予想上回る21万8000件に増加-なお歴史的低水準11月US consumer spending cools; labor market gradually slowing 米個人消費、10月は小幅増 価格指数前年比は21年以来の低い伸び10月US Core PCE Prices Jump Most in Four Months as Spending Picks Up 米PCE、9月はコア価格指数が4カ月で最大の伸び-支出加速US economy added 336,000 jobs last month, almost twice what was expected 米9月の雇用統計 就業者数33.6万人増で予想を大幅に上回る09月US consumer spending was much weaker in the second quarter than previously estimated 米GDP、20─22年の第1四半期それぞれ下方改定The Living Wage a Single Person Needs in All 50 States アメリカ人の単身者が支払う生活費【州別の分析】US jobless claims hit lowest level since February; productivity strongest in years 米新規失業保険申請、21.6万件に減少 2月以来の低水準US unemployment rate rises, wage growth cools as labor market slows 米8月失業率3.8%に上昇、賃金伸び鈍化 雇用18.7万人増08月U.S. second-quarter GDP growth revised lower 米GDP、4-6月改定値は2.1%増に下方修正-個人消費は堅調U.S. 30-year mortgage shoots up to decades-long high - Freddie Mac  米30年住宅ローン金利7.23%、20年超ぶり高水準=フレディマックU.S. 30-year mortgage shoots up to decades-long high - Freddie MacJuly CPI report shows inflation gauge rose 3.2%, less than expected 米CPI、7月前年比3.2%上昇 13カ月ぶり加速 予想は下回るUS jobs growth slowed more than forecast in July 米雇用、7月は予想下回る18.7万人増、失業率3.5%に低下07月In challenge to Tesla, automakers launch US EV charging network GMやホンダなど7社、米でEV充電網の合弁設立へ テスラに対抗Amazon Prime Day sales rise as deep discounts tempt inflation-hit shoppers アマゾン特売2日間の米オンライン売上高、前年比6.1%増の127億ドルLos Angeles-area hotel workers strike over wages, housing LAのホテル従業員数千人がスト、賃上げなど要求06月米PCE価格指数、5月は前年比+3.8%に伸び鈍化 個人消費停滞製造業の建設支出が2022年の2倍に米国の失業保険、新規申請26.2万件 予想上回る04月【全米向け】5/3(水)ACTUS x EBG HR 無料ハイブリッド ウェビナー03月ウォール街(NY)の22年ボーナス減少失業保険申請数は予想より低い2024年度 H1-B申請スタート02月Metaがさらなる従業員を解雇することを計画か 米アマゾン週3日以上の出社義務物価指数(CPI)前年比6.4%上昇失業保険申請数の低下社員の定着率を上げるリテンションアイディア5選!01月MSに続き、Googleもレイオフを実施2022年12月雇用統計2023年 謹賀新年

2022年

12月2022年 年末のご挨拶【2023年度版】The Top 6 Things Employees Want in Their Next JobU.S. Japan Publication News Advanced への掲載のお知らせ2022年11月雇用統計11月米企業インテルが人員削減を予定Jobless Claims Rise but Stay Near Prepandemic LowsAmazon Is Said to Plan to Lay Off Thousands of Employees企業のレイオフの波が経済について教えてくれることAnnual State of People Strategy Report by Lattice10月NYC ワークプレイス・ワクチン接種義務解除のお知らせNY州における給料レンジ公開法、11月1日(火)より施工開始10月14日(金) SNSライブ最終回配信【人材紹介会社を使った就活の流れ】U.S. FAA mandates new flight attendant rest time rules09月NYC、企業のワクチン接種義務を撤廃へDepression Affects Almost 1 in 10 AmericansTech workers are still in high demand2022年8月雇用統計08月米国労働統計局による2022年7月の求人労働異動調査California to Ban the Sale of New Gasoline Cars【SNSライブ配信のお詫びと再配信のお知らせ】第12回 8月19日(金) SNSライブ配信【対面面接での秘訣】失業保険の申請が14,000件増加How Employers Are Responding To Challenges Created By Labor Shortage07月Shopify 従業員削減へ2022年6月の米国インフレ率=9.1%、人々の間で景気後退の懸念強まるU.S. House Democrat says agreement coming on semiconductor bill第11回 7月15日(金) SNSライブ配信【人材派遣会社を使うメリット】Class of 2022 entering the best job market in years06月電気自動車の普及Despite jobs gains, expert forecasts declining demand for labor米国入国時のコロナ検査不要に第10回 6月17日(金) SNSライブ配信【Work Culture Difference between Japan and the U.S.】U.S. labor market stays tight as workers remain scarce; manufacturing regains speed05月In these locations, gas costs more than the U.S. minimum wageNYC 給与開示の法案施行を先送りに5月20日(金) ET 12:30~ 第9回 SNSライブ配信【The Future of Workplace】2022年5月19日(木)開催【全米向け】面接時の質問 Do’s and Don’ts ウェビナー04月No college degree? No problem. More companies are eliminating requirements to attract the workers they need米ゴールドマンサックス 無料ランチ廃止へ第8回 4月15日(金) ET 12:30~ SNSライブ配信開催 (候補者向け)U.S. unemployment rate drops to 3.6% as labor market rapidly tightens03月ADP: Employers Added 455,000 Jobs in MarchHybrid work: If you’re not experimenting, you’re failing第7回 3月18日(金) ET 12:30~ SNSライブ配信開催 (候補者向け)弊社YouTubeチャンネルに動画【アメリカ人材マーケットの今】を投稿しました!米保健当局、コロナ対策のロードマップ作成02月アメリカ2月PMI、56.0に上昇/企業活動は全般に上向き 更なる雇用拡大へマスク義務の撤廃相次ぐ2023年度H-1B就労ビザの申請登録開始日、締切日01月第6回 2月11日(金) ET 12:30~ SNSライブ配信開催 (候補者向け)米労働省、大手企業へのワクチン接種義務化撤回 アメリカで検査キット配布始まる第5回 1月14日(金) ET 12:30~ SNSライブ配信開催 (候補者向け)新年のご挨拶

2021年

12月Happy Holidays!NYCワクチン接種義務化概要ウェビナー雇用「絶好調」のアメリカで経済悲観論が広がる理由10月米アマゾン15万人の臨時雇用を発表先日発表、2021年9月のアメリカ雇用統計10/22(金)【全米向け】人事マネージメント基礎講座ウェビナー Part 4(最終回)09月第2回 10月8日(金) ET 12:30~ LIVE配信開催 (候補者向け)9月17日(金)開催【全米向け】人事マネージメント基礎講座ウェビナー Part 3【速報】テキサス州セクシャルハラスメント関連法改正9月10日(金) ET 12:30~ LIVE配信開催 (候補者向け)08月9月3日(金)開催 テキサス州セクシャルハラスメント関連法改正についての緊急説明会アンドリュー・クオモ氏がNY州知事を辞任8/20(金)人事マネージメント基礎講座ウェビナー人手確保へ学費全額負担南カリフォルニア最大級の日本文化イベント、OC Japan Fairが10月に開催!07月NY HERO ACTインスタグラム始めました! JCCC渉外PR委員会・Japanese American各団体主催Nipponピクニック現役リクルーターに聞くアメリカ就職06月5月28日(金)駐妻café.様ご開催のオンラインカフェ「アメリカの人材紹介会社に聞く、駐在妻の就労のリアル」ご参加者のレポートリモートワークからオフィス勤務へJuneteenth: もうすぐアメリカの祝日が増えるかも? アメリカ全土の新型コロナウイルスワクチン接種率05月各企業の時給の引き上げ2021年5月28日(金) 駐在妻のオンラインカフェ04月【企業様向】【無料講座】2021年4月23日 FLSA Wage and Hours~賃金と就労時間のルール

2020年

2019年

11月12/17/2019: 人事関連セミナー開催のお知らせ 【米国ミレニアル世代が街のランドスケープを変えている!】12/19(木)”新年度に向けての人事考課プランニングとジョブディスクリプション” 講座のご案内10月11/14(木)”従業員を雇用する際のオンボーディングで必要な書類と保管方法” 講座のご案内09月10/17(木)ダイバーシティーマネージメント 講座のご案内9/19 NY市雇用関連法 講座のご報告08月9/19(木)NY人事 最低でも押さえておかなければならない法律! 講座のご案内06月7/18(木)差別禁止に関する5 つの連邦法 勉強会のご案内6/13 従業員エンゲージメント 勉強会のご報告05月6/13(木)従業員エンゲージメント 勉強会のご案内5/16 FLSA Exempt、Non-Exemptステータスの基礎知識 勉強会のご報告6/12(水)Actus & EBG 無料人事セミナーのご案内~雇用法のアップデートと保険・ベネフィットトレンド~04月5/16(木)FLSA Exempt、Non-Exemptステータスの基礎知識 勉強会のご案内03月3/14 人事考課の目的と適切な運用 勉強会のご報告4/18(木)米国の人事・人事担当者の仕事と役割 勉強会のご案内02月2/14 NY州監修セクハラトレーニングビデオガイダンス 勉強会のご報告3/14(木)人事考課の目的と適切な運用 勉強会のご案内2019年人事マネージメント基礎コース~お申し込みの詳細~2019年人事マネージメント基礎コース 全10回シリーズ01月2/14(木)NY州セクハラトレーニング 勉強会のご案内

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

0000年

2024-05-23
ヒューストンはシカゴの人口を超え 全米第3都市になるのか? Is Houston poised to surpass Chicago as 3rd most-populous U.S. city?
ヒューストンはシカゴの人口を超え 全米第3都市になるのか? 

ニューヨーク、ロサンゼルスに続く全米第3都市のシカゴ。人昔の統計では2025年にヒューストンはシカゴを抜くと言われていましたが、新しい統計予測では2035年へと変更。 以前は second cityと呼ばれたシカゴも第4都市になる日も遠くないようです。

2023年統計の人口全米TOP10は以下の通り
1. New York (8.3milion)
2. Los Angeles (4 million)
3. Chicago, Illinois (2.66 million).
4. Houston, Texas (2.3 million).
5. Phoenix, Arizona (1.7 million).
6. Philadelphia, Pennsylvania (1.6 million).
7. San Antonio (1.5 million).
8. San Diego, California (1.4 million).
9. Dallas (1.3 million).
10. Jacksonville, Florida (986,000).

参考:Tokyo(13.96million in 2021)

Is Houston poised to surpass Chicago as 3rd most-populous U.S. city?

According to the most recent U.S. Census data, Illinois continued to experience a population decline, the third-highest in the country, as did Chicago, the state's most populous city.

Illinois' population fell 0.3% from July 2022 to July 2023, tied with Louisiana. New York and Hawaii had the most significant drop at 0.5%. Oregon, California, Pennsylvania, and West Virginia declined between 0.1% and 0.2%.

The Census found that Chicago lost about 8,000 residents, from 2,672,660 to 2,664,452. In the suburbs, Downers Grove, Joliet, and Naperville gained residents.

Chicago population decline
The city has been losing residents for several years. Since 2020, the number of people calling Chicago home has declined 3% from 2,746,352.

Illinois Policy reports that if current trends continue, Houston will overtake Chicago and become the third-biggest city by 2035.

The Census reported that Illinois also had one of the slowest housing growth rates in the country, trailing only Alaska.

Alaska (0.1%)
Rhode Island (0.2%)
Illinois (0.2%)
Utah experienced the nation's fastest growth in housing units, with an increase of 2.5% between July 1, 2022, and July 1, 2023, followed by Idaho (2.3%) and South Dakota (2.2%).

What are the largest U.S. cities?
The 15 largest cities in 2023 remained the same as in 2022, with a few rank changes – Jacksonville, Florida, surpassed Austin, Texas, while Fort Worth, Texas, surpassed San Jose, California.

New York, New York, remained the nation's largest city as of July 1, 2023, with almost 8.3 million people, followed by Los Angeles, which reached nearly 4 million people.

Other most populated cities in 2023 were:

Chicago, Illinois (2.66 million).
Houston, Texas (2.3 million).
Phoenix, Arizona (1.7 million).
Philadelphia, Pennsylvania (1.6 million).
San Antonio (1.5 million).
San Diego, California (1.4 million).
Dallas (1.3 million).
Jacksonville, Florida (986,000).
Austin (980,000).
Fort Worth, Texas (978,000).
San Jose (970,000).
Columbus, Ohio (913,000).
Charlotte, North Carolina (911,000).
After the 2020 Census, Illinois lost a congressional seat, joining California, Michigan, New York, Ohio, Pennsylvania, and West Virginia in losing seats ahead of the 2022 midterm election.

More from CBS News

Original Article from CBS Chicago (click here)
2024-05-10
米就業者数、4月は17.5万人増 市場予想下回る
米労働省が3日発表した4月の雇用統計によると、非農業部門の就業者数は前月から17万5000人増えた。
24万人程度だった市場予想を下回った。新型コロナウイルス禍後の過熱感は緩やかに和らぎつつある。

レジャー関連や政府部門で前月までの高い伸びが一服した。
2月の伸びは27万人から23万6000人に、3月は30万3000人から31万5000人にそれぞれ修正された。


失業率は3.9%だった。エコノミストは3月から横ばいの3.8%を予想していた。低い水準だが基調が上向きつつある。

米債券市場では統計の公表後に金融政策の先行きを映す2年債利回りが4.86%から0.1%程度低下した。「雇用は弱まったが個人消費の伸びを維持できる程度に力強い」(PNCフィナンシャル・サービシズ)と歓迎する声が広がった。

「過熱」の象徴だった求人件数は3月に848万8000件と前月から3.7%減った。コロナ禍前より100万件程度多いが、ピークだった22年3月より3割少ない。米求人サイト「インディード」の求人広告は4月も前年より13%低い水準だ。

「仕事が見つからない」。インターネットの検索頻度を示す「グーグルトレンド」では、こんな言葉がコロナ禍前の水準近くまで戻ってきた。引く手あまたの状況が変わり、仕事探しのコツを紹介するサイトなどを探す人が増えたようだ。

賃上げの勢いも減速を続けている。4月の平均時給は前月比で0.2%上昇し、伸びは市場予想の0.3%を下回った。前年同月比の伸びも3.9%と3月の4.1%から縮まった。

23年から急増した移民の流入が、人手不足を和らげている。米議会予算局(CBO)は24年も通常の3倍となる300万人超の移民が米国内に入ると予測した。



アトランタ連銀の賃金トラッカーの前年比上昇率は3月に4.7%と、ピークだった22年8月の6.7%から大幅に低下した。

4月から大手ファストフード店従業員の最低賃金を20ドル(3000円相当)まで25%引き上げたカリフォルニア州では、賃上げコストを価格に転嫁しきれないとして雇用を絞るチェーンも出た。

米国の物価上昇率が1〜3月に想定を上回る強さを示し、利下げシナリオの修正を迫られる米連邦準備理事会(FRB)にとって雇用の動向は重要だ。

1日の記者会見で追加利上げの可能性を聞かれたパウエル議長は、いまの金利水準でも景気の減速効果を生み出せているという証拠として求人件数の減少を挙げた。

物価が高止まりしても、雇用情勢が減速傾向を保っている限りは、金利をさらに引き上げるより、今の高金利政策をより長く維持すればよいという考えだ。



もっとも米国の労働市場が落ち着くペースは1年前の予想よりも緩やかだ。

米連邦公開市場委員会(FOMC)の参加者は23年3月に示した経済予測で、23年末までに失業率が4.5%まで上昇するとみていた。実際は4%を下回る期間が2年以上続いた。

雇用がさらに底堅さを示したり、賃上げの勢いが想定より根強くなったりすれば、FRBの利下げはさらに遠のく。

Original Article from 日本経済新聞 (click here)