ブログ

アーカイブ

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

12月ポジティブ人材ですか?ネガティブ(クール)人材ですか?12/16/2015 できたことリスト信じる者は、、、新聞記事から。。。11月11/23/2015 Bed Bath & BeyondPEANUTS上級会員のアマイ誘惑11/2/2015 SICARIO10月10/28/2015 水、私、幸せな気分10/20/15 選書の難しさ10/14/15 Apple PickingNew Girl9月キラキラの素カリブ海のお勧め伝える人たちGIVE & FORGETユニオンスクエアーのマーケット8月8/28/2015 NY NOW August 20157月Orange is New Black7/22/2015 U-12 Samurai Japanに見る育成の重要性7/15/15 「いかにも・・・」といった不自然な事件 その17/6/15 Actusの新サービス Executive Placement Service6月6/29/15 〇〇の達人6/24/2015 芽が出た06/17/15 女子サッカーワールドカップ2015 06/10/2015 AAが誇る地元愛 「 Ann Arbor Farmers Market」06/03/2015一日一食5月5/26/2015 春がきた♪5/18/2015 話題のケーキ屋さんへ行ってきました!5/12/2015  肉体改造!?05/06/2015 16年ぶりの桜4月4/29/2015 ある本4/22/2015 いつもと違うオールドスクールな旅4/12/2015 プロフェッショナル風に見せる中身のないプレゼン方法4/7/2015  「こんまりメソッド」って聞いたこと、ありますか?04/01/2015 運動3月03/25/2015 祝!デトロイト支店 新オフィス in AA03/18/15 グリーンスムージー断食のすゝめ2月初めまして!ニューヨークの冬の過ごし方2/12/15 本日最終日となります!2/4/2015 綺麗な街1月アンビリバボー!!1/21/2015 Project@Jabits Centerホットワイン祝 2年連続新年初のブログ担当

2014年

12月12/29/14 両親学級に行ってきました!12/23/14 ガサとゴソ12/15/14 今12/8/14 ウエブサイトが新しくなりました。12/3/2014 ポーラベア11月魅惑のMI Overview/原田魅惑のMIより参りました新参者原田、ご挨拶です11/12/14 初カナダ旅行10月10/29/2014 IQとEQ、からのAQ10/28/2014 ハロウィーン10/22/2014 アメリカで初のリンゴ狩り!10/14/2014 お気に入りレストラン その1AiOP (Art in Odd Places)9月シカゴマラソン完走への道 - 最終回アシマちゃんいろんな結婚式を振り返るテニスでドキドキLabor day Weekend8月2014年 World Cup ~私のMVP定期健診に行ってきましたいくつになっても「ワクワク」を忘れずに!シェアハウス7月祝!初JobログSubtlety by Kara WalkerEckhart Tolleアトランタ展示会シカゴマラソン完走への道 16月キャリアフォーラムにお越しいただきありがとうございました戦略と戦術?ティファニーブルーにがっかりジャパンフェスティバル2014 シカゴ5月雨男が年男シカゴ・カブス対ニューヨーク・ヤンキース2014年 World Cup のみどころ②言葉のパズル4月LIC Arts Open たまご Orchid 3月42.195Km Again,,,,,,,スタート地点にたどり着くまでも長い!!The Willpower Instinct 帰らない客Breaking Bad2月ソチオリンピックを終えて余裕のある大人2014年 World Cup のみどころ①閉じたら開く1月日本の領海に出現したSnoopy?ProjectHandstand温暖化なんて言わせない!DaiGo流、メンタリスト?

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2020-09-22
The Notorious RGB
先週の金曜日、ルース・ベイダー・ギンズバーグ判事が
癌のため87歳で亡くなったというニュースがありました。
今回のブログ記事では、彼女へのオマージュとして、
彼女の人生を題材にした映画を紹介したいと思います!

本日ご紹介したい映画は
「ビリーブ 未来への大逆転 (On the Basis Of Sex)」
ミミ・レーダー監督の作品で、
物理学者スティーヴン・ホーキング博士の半生を描いた“Theory of Everything” 主演のフェリシティ・ジョーンズ 、
“Call Me by Your Name” 主演のアーミー・ハマー、
などが出演されている。

この物語は、若手弁護士ルース・ベイダー・ギンズバーグと夫のマーティがチームを組み、
米国連邦控訴裁判所に画期的な事件を持ち込むために、
100年以上に及ぶ男女差別を覆した実話を描いている。

ギンスバーグ判事は学生時代、
ハーバード大学に招かれて法を学ぶ数少ない女性の一人でした。
ハーバード大学では性別による差別を受け、
夫のマーティーがニューヨークに移住するとのことで、
最終的にコロンビア大学の法科大学院に編入されたそうです。
その後、ギンズバーグ判事はコロンビア大学のクラスのトップで卒業。

1970年代になると、ギンズバーグは女性として初めて複数の主要な法律書評に掲載されるようになり、
女性の権利を守る為、世界で初めて法律ジャーナルを共同で立ち上げ、
アメリカ自由人権連合 (American Civil Liberties Union) の
女性の権利プロジェクト (Women's Rights Project) を立ち上げた。

この映画は、彼女と夫マーティーとの関係や
ギンスバーグ判事が持ち込んでいる訴訟を通して、
女性と男性が一緒に働くことがどれだけ大切なのかを描いていると思う。
皆で立ち上がり、平等に支え合うことが未来に進んで行く為に大切だと実感できる物語だと思います。

まだ見ていない人のためにエンディングのネタバレはしたくないのですが、
Closing Argumentの最後のスピーチもとてもパワフルで勇気づけられて、
フェリシティ・ジョーンズも素敵な演技だったと思います。
映画の最後は、若き日のルース・ベイダー・ギンズバーグが
Supreme Court の階段を歩いているシーンの後、
カメラが動き、主演のフェリシティ・ジョーンズから本人に変わり、映し出される映像は
個人的に私の大好きなシーンです。

「ビリーブ 未来への大逆転 (On the Basis Of Sex)」
是非見ていただきたい作品の一つです!

高橋