ニュース&トピックス

アーカイブ

2024年

06月Record high prices, rising mortgage rates depress US home sales/ 米中古住宅販売、5月は0.7%減の411万戸 価格は過去最高を記録U.S. adds a much-better-than-expected 272,000 jobs in May, but unemployment rate edges up to 4% 5月の米雇用統計 就業者数 前月より増加 市場予想大きく上回る 05月ヒューストンはシカゴの人口を超え 全米第3都市になるのか? Is Houston poised to surpass Chicago as 3rd most-populous U.S. city?米就業者数、4月は17.5万人増 市場予想下回る04月Japan's yen tumbles to 34-year low; US dollar gains after inflation data ドル34年ぶり157円台へ上昇、日銀の現状維持や米インフレ思惑で金利差意識US job growth blows past expectations; unemployment rate falls to 3.8% 米雇用、3月30.3万人増で予想大幅に上回る 失業率3.8%に低下03月米国で先細る日本語教育 講師の応募減、対策へ日米連携US labor market cooling; unemployment rate rises to two-year high of 3.9%/ 米2月雇用27.5万人増 予想上回る 失業率3.9%に悪化02月Nikkei scores first record high since 1989 as Nvidia fuels frenzy 日経平均バブル期超える、34年ぶり高値更新で初の3万9000円台乗せUS Consumer Sentiment Increases for a Third Straight Month、米消費者マインド3カ月連続で改善、先行き楽観-ミシガン大調査US weekly jobless claims stay low despite high-profile layoff announcements/ 米新規失業保険申請、予想超える減少 労働市場なお堅調Wall Street ends higher; earnings, jobs report in focus 米国株式市場=反発、ダウ369ドル高 主要企業決算や米雇用統計に注目01月eBay is laying off 1,000 employees, about 9% of its staff 米イーベイ、1000人の人員削減を発表"US producer prices unexpectedly fall; goods deflation seen persisting" -米12月PPI、前月比0.1%下落 予想に反し 前年比は伸び加速Important Update on Waivers of the Interview Requirement for Certain Nonimmigrant Visa Applicants

2023年

12月Unemployment claims are up, but are still “extraordinarily low” 米失業保険申請件数、予想上回る21万8000件に増加-なお歴史的低水準11月US consumer spending cools; labor market gradually slowing 米個人消費、10月は小幅増 価格指数前年比は21年以来の低い伸び10月US Core PCE Prices Jump Most in Four Months as Spending Picks Up 米PCE、9月はコア価格指数が4カ月で最大の伸び-支出加速US economy added 336,000 jobs last month, almost twice what was expected 米9月の雇用統計 就業者数33.6万人増で予想を大幅に上回る09月US consumer spending was much weaker in the second quarter than previously estimated 米GDP、20─22年の第1四半期それぞれ下方改定The Living Wage a Single Person Needs in All 50 States アメリカ人の単身者が支払う生活費【州別の分析】US jobless claims hit lowest level since February; productivity strongest in years 米新規失業保険申請、21.6万件に減少 2月以来の低水準US unemployment rate rises, wage growth cools as labor market slows 米8月失業率3.8%に上昇、賃金伸び鈍化 雇用18.7万人増08月U.S. second-quarter GDP growth revised lower 米GDP、4-6月改定値は2.1%増に下方修正-個人消費は堅調U.S. 30-year mortgage shoots up to decades-long high - Freddie Mac  米30年住宅ローン金利7.23%、20年超ぶり高水準=フレディマックU.S. 30-year mortgage shoots up to decades-long high - Freddie MacJuly CPI report shows inflation gauge rose 3.2%, less than expected 米CPI、7月前年比3.2%上昇 13カ月ぶり加速 予想は下回るUS jobs growth slowed more than forecast in July 米雇用、7月は予想下回る18.7万人増、失業率3.5%に低下07月In challenge to Tesla, automakers launch US EV charging network GMやホンダなど7社、米でEV充電網の合弁設立へ テスラに対抗Amazon Prime Day sales rise as deep discounts tempt inflation-hit shoppers アマゾン特売2日間の米オンライン売上高、前年比6.1%増の127億ドルLos Angeles-area hotel workers strike over wages, housing LAのホテル従業員数千人がスト、賃上げなど要求06月米PCE価格指数、5月は前年比+3.8%に伸び鈍化 個人消費停滞製造業の建設支出が2022年の2倍に米国の失業保険、新規申請26.2万件 予想上回る04月【全米向け】5/3(水)ACTUS x EBG HR 無料ハイブリッド ウェビナー03月ウォール街(NY)の22年ボーナス減少失業保険申請数は予想より低い2024年度 H1-B申請スタート02月Metaがさらなる従業員を解雇することを計画か 米アマゾン週3日以上の出社義務物価指数(CPI)前年比6.4%上昇失業保険申請数の低下社員の定着率を上げるリテンションアイディア5選!01月MSに続き、Googleもレイオフを実施2022年12月雇用統計2023年 謹賀新年

2022年

12月2022年 年末のご挨拶【2023年度版】The Top 6 Things Employees Want in Their Next JobU.S. Japan Publication News Advanced への掲載のお知らせ2022年11月雇用統計11月米企業インテルが人員削減を予定Jobless Claims Rise but Stay Near Prepandemic LowsAmazon Is Said to Plan to Lay Off Thousands of Employees企業のレイオフの波が経済について教えてくれることAnnual State of People Strategy Report by Lattice10月NYC ワークプレイス・ワクチン接種義務解除のお知らせNY州における給料レンジ公開法、11月1日(火)より施工開始10月14日(金) SNSライブ最終回配信【人材紹介会社を使った就活の流れ】U.S. FAA mandates new flight attendant rest time rules09月NYC、企業のワクチン接種義務を撤廃へDepression Affects Almost 1 in 10 AmericansTech workers are still in high demand2022年8月雇用統計08月米国労働統計局による2022年7月の求人労働異動調査California to Ban the Sale of New Gasoline Cars【SNSライブ配信のお詫びと再配信のお知らせ】第12回 8月19日(金) SNSライブ配信【対面面接での秘訣】失業保険の申請が14,000件増加How Employers Are Responding To Challenges Created By Labor Shortage07月Shopify 従業員削減へ2022年6月の米国インフレ率=9.1%、人々の間で景気後退の懸念強まるU.S. House Democrat says agreement coming on semiconductor bill第11回 7月15日(金) SNSライブ配信【人材派遣会社を使うメリット】Class of 2022 entering the best job market in years06月電気自動車の普及Despite jobs gains, expert forecasts declining demand for labor米国入国時のコロナ検査不要に第10回 6月17日(金) SNSライブ配信【Work Culture Difference between Japan and the U.S.】U.S. labor market stays tight as workers remain scarce; manufacturing regains speed05月In these locations, gas costs more than the U.S. minimum wageNYC 給与開示の法案施行を先送りに5月20日(金) ET 12:30~ 第9回 SNSライブ配信【The Future of Workplace】2022年5月19日(木)開催【全米向け】面接時の質問 Do’s and Don’ts ウェビナー04月No college degree? No problem. More companies are eliminating requirements to attract the workers they need米ゴールドマンサックス 無料ランチ廃止へ第8回 4月15日(金) ET 12:30~ SNSライブ配信開催 (候補者向け)U.S. unemployment rate drops to 3.6% as labor market rapidly tightens03月ADP: Employers Added 455,000 Jobs in MarchHybrid work: If you’re not experimenting, you’re failing第7回 3月18日(金) ET 12:30~ SNSライブ配信開催 (候補者向け)弊社YouTubeチャンネルに動画【アメリカ人材マーケットの今】を投稿しました!米保健当局、コロナ対策のロードマップ作成02月アメリカ2月PMI、56.0に上昇/企業活動は全般に上向き 更なる雇用拡大へマスク義務の撤廃相次ぐ2023年度H-1B就労ビザの申請登録開始日、締切日01月第6回 2月11日(金) ET 12:30~ SNSライブ配信開催 (候補者向け)米労働省、大手企業へのワクチン接種義務化撤回 アメリカで検査キット配布始まる第5回 1月14日(金) ET 12:30~ SNSライブ配信開催 (候補者向け)新年のご挨拶

2021年

12月Happy Holidays!NYCワクチン接種義務化概要ウェビナー雇用「絶好調」のアメリカで経済悲観論が広がる理由10月米アマゾン15万人の臨時雇用を発表先日発表、2021年9月のアメリカ雇用統計10/22(金)【全米向け】人事マネージメント基礎講座ウェビナー Part 4(最終回)09月第2回 10月8日(金) ET 12:30~ LIVE配信開催 (候補者向け)9月17日(金)開催【全米向け】人事マネージメント基礎講座ウェビナー Part 3【速報】テキサス州セクシャルハラスメント関連法改正9月10日(金) ET 12:30~ LIVE配信開催 (候補者向け)08月9月3日(金)開催 テキサス州セクシャルハラスメント関連法改正についての緊急説明会アンドリュー・クオモ氏がNY州知事を辞任8/20(金)人事マネージメント基礎講座ウェビナー人手確保へ学費全額負担南カリフォルニア最大級の日本文化イベント、OC Japan Fairが10月に開催!07月NY HERO ACTインスタグラム始めました! JCCC渉外PR委員会・Japanese American各団体主催Nipponピクニック現役リクルーターに聞くアメリカ就職06月5月28日(金)駐妻café.様ご開催のオンラインカフェ「アメリカの人材紹介会社に聞く、駐在妻の就労のリアル」ご参加者のレポートリモートワークからオフィス勤務へJuneteenth: もうすぐアメリカの祝日が増えるかも? アメリカ全土の新型コロナウイルスワクチン接種率05月各企業の時給の引き上げ2021年5月28日(金) 駐在妻のオンラインカフェ04月【企業様向】【無料講座】2021年4月23日 FLSA Wage and Hours~賃金と就労時間のルール

2020年

2019年

11月12/17/2019: 人事関連セミナー開催のお知らせ 【米国ミレニアル世代が街のランドスケープを変えている!】12/19(木)”新年度に向けての人事考課プランニングとジョブディスクリプション” 講座のご案内10月11/14(木)”従業員を雇用する際のオンボーディングで必要な書類と保管方法” 講座のご案内09月10/17(木)ダイバーシティーマネージメント 講座のご案内9/19 NY市雇用関連法 講座のご報告08月9/19(木)NY人事 最低でも押さえておかなければならない法律! 講座のご案内06月7/18(木)差別禁止に関する5 つの連邦法 勉強会のご案内6/13 従業員エンゲージメント 勉強会のご報告05月6/13(木)従業員エンゲージメント 勉強会のご案内5/16 FLSA Exempt、Non-Exemptステータスの基礎知識 勉強会のご報告6/12(水)Actus & EBG 無料人事セミナーのご案内~雇用法のアップデートと保険・ベネフィットトレンド~04月5/16(木)FLSA Exempt、Non-Exemptステータスの基礎知識 勉強会のご案内03月3/14 人事考課の目的と適切な運用 勉強会のご報告4/18(木)米国の人事・人事担当者の仕事と役割 勉強会のご案内02月2/14 NY州監修セクハラトレーニングビデオガイダンス 勉強会のご報告3/14(木)人事考課の目的と適切な運用 勉強会のご案内2019年人事マネージメント基礎コース~お申し込みの詳細~2019年人事マネージメント基礎コース 全10回シリーズ01月2/14(木)NY州セクハラトレーニング 勉強会のご案内

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

0000年

2024-03-22
米国で先細る日本語教育 講師の応募減、対策へ日米連携
米国で日本語教育が先細りの危機を迎えている。日本から若手講師らを派遣していた財団は応募者数が減少。
米国にある教育機関も3年間で14%減り、教員の高齢化も進む。知日派を増やす草の根からの交流はこれまで両国関係の円滑化に寄与してきた。
日米両政府は日本人教員の移住後押しなどを通じてテコ入れを急ぐ。

「この映画は怖いと思いますか」「ちょっと怖いと思います」。米ボストン近郊にある名門女子大のウェルズリー大で2月、講師の堤菜央さん(27)が学生8人に日本語の会話を教えていた。
堤さんはALLEX(アレックス)財団(マサチューセッツ州)の奨学生として派遣され、2023年9月に教え始めた。福岡県出身で大卒後に就職したが「日本を外国人に英語で紹介する仕事に就きたい」という夢を追い、同財団の奨学生に応募した。

任期は1年で、日本語を教える代わりに寮費や食費、滞在費が支給され、同大の授業も無償で聴講できる。
「高校時代に米国に留学したことはあったが学ぶことは多い。来てよかった」と話す。

現在はハーバード大で日本語講師を務める弘実紗季さん(28)は山口県立大を卒業後、同財団の奨学生として日本語を教えつつ、オレゴン州の州立大で日本語教育の修士号を22年に取得した。
「奨学生となり400万円くらいは節約できた。学位を取り、人生の選択肢が広がった」と笑顔をみせる。
同財団は学位取得を目的にしない任期1年と、修士号などの取得を目指す任期2年という2種類の派遣プログラムを用意している。米大学の学費が高騰するなか、日本語を教える代わりに授業料や滞在費、食費が免除される利点は大きい。

一定の英語力に加え、日本語教育のコースを履修する必要もあるが、修士号の取得費用を大幅に圧縮できるという。
03年に活動を始めて以来、1000人以上の日本人講師を全米の200校以上の大学に派遣してきたが、現在の応募者は年100人程度と約20年前の3分の1ほどに減っている。
日本国内の就職環境が良好なことや、円安による米国滞在費の増加、学位取得を目的に留学する人が以前ほど多くないことなどが影響している可能性がある。

減っているのは同財団の応募者数だけではない。国際交流基金によると、米国で日本語を教える教育機関は21年度で1241校で、前回調査の18年度から14%減った。
中国語や韓国語との競合などが背景にあるとみられる。
教員の高齢化が進んでいることも先細りの懸念材料だ。米国で日本語を教える教員らでつくる中部大西洋岸日本語教師会が23年10月に実施した調査では、回答した305人のうち半数が51歳以上だった。
同会は日本人の若手教師らの就労ビザ取得手続きの緩和や、日本語教師養成プログラムの増加などが必要としている。
文部科学省と米国務省はこうした声を踏まえて23年、米国が重要と位置づける言語の中でも日本語を優先的に扱うことなどを確認。
日本語教育の拡充に向け①米国移住を希望する日本人教員への情報提供②アレックス財団など民間を含む教員派遣プログラムの支援――などに取り組むことで合意した。
両政府はまず、米国で教えるために必要な条件を記したマップを秋にも公開する。
同財団のトム・メイソン会長は「草の根レベルで日米が互いに理解を深めていかなければ太平洋地域の安定が揺らぐ。日本語教育の重要性は増している」と訴えている。

Original Article from 日本経済新聞 (click here)
2024-03-08
US labor market cooling; unemployment rate rises to two-year high of 3.9%/ 米2月雇用27.5万人増 予想上回る 失業率3.9%に悪化
WASHINGTON, March 8 (Reuters) - U.S. job growth accelerated in February, but that likely masks underlying softening labor market conditions as the unemployment rate increased to a two-year high of 3.9%.
The Labor Department's closely watched employment report on Friday also showed wages rising moderately last month. The jump in the unemployment rate after holding at 3.7% for three straight months reflected a further decline in household employment. The mixed report boosted the odds of the Federal Reserve cutting interest rates by June.

The labor market continues to support the economy, which is outperforming its global pears, even as momentum is ebbing.
"Despite the solid nonfarm payroll gain, the details from this jobs report are far weaker," said Scott Anderson, chief U.S. economist at BMO Capital Markets in San Francisco. "Labor market rebalancing is underway as advertised by the Fed, opening the door for a soft-landing for the economy and an initial rate cut around the middle of the year."

The smaller household survey from which the unemployment rate is derived showed household employment declining by 184,000 jobs last month. Applying the methodology used for nonfarm payrolls, household employment decreased by 271,000 jobs, marking the third straight monthly decline.
That left some economists anticipating that February payrolls could be revised lower when the Labor Department's Bureau of Labor Statistics publishes March's employment report. Solid payrolls suggest the labor market remains strong, while the weak household survey implied layoffs were rising.
There has been a rash of high-profile layoffs, though employers are generally holding on to their workers after struggling to find labor during the COVID-19 pandemic.
"Our main concern is the widening divide between what the establishment nonfarm payroll data is telling us and what the household survey of employment is conveying," said Richard de Chazal, macro analyst at William Blair in London. "The labor market on the whole is still tight, but the household survey is very clearly telling us that momentum is waning."
Financial markets saw an 80% chance of a first rate cut by June, up from 75% before the report was released.
Since March 2022, the U.S. central bank has raised its policy rate by 525 basis points to the current 5.25%-5.50% range. Fed Chair Jerome Powell told lawmakers this week that rate cuts would "likely be appropriate" later this year, but emphasized they "really will depend on the path of the economy."
Stocks on Wall Street were trading higher. The dollar fell against a basket of currencies. U.S. Treasury prices were mixed.

Acyclical sectors such as government and healthcare, which are still rebuilding headcount that was reduced during the pandemic, led employment gains last month. Nonetheless the breadth of job gains continued to broaden, with 62.6% of industries reporting an increase.
Healthcare payrolls rose by 67,000, driven by hiring in ambulatory healthcare services as well as at hospitals, nursing and residential care facilities. Government employment increased by 52,000, with gains in both local and federal governments.
Restaurants and bars added 42,000 jobs. Social assistance payrolls increased by 24,000 jobs, while employment in the transportation and warehousing sector rose by 20,000, amid a rebound in hiring for couriers and messengers, after shedding 70,000 jobs over the last three months.
Construction payrolls increased by 23,000 jobs, likely supported by mild temperatures. There were also gains in retail employment. Professional and business services payrolls rose modestly as temporary help services hiring, seen as a harbinger for future hiring, declined for the 22nd consecutive month.
Some economists viewed the persistent decline in temporary help jobs and the 4,000 drop in manufacturing payrolls as signs the labor market was slowing.
Average hourly earnings edged up 0.1% last month after gaining 0.5% in January. That lowered the year-on-year increase in wages to a still-high 4.3% in February from 4.4% in January.

href="https://www.reuters.com/markets/us/us-job-growth-accelerates-february-unemployment-rate-rises-39-2024-03-08/" target="_blank">original article from Reuters (click here)



[ワシントン 8日 ロイター] - 米労働省が8日発表した2月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数は前月比27万5000人増加と、市場予想(20万人増)を上回った。ただ、過去2カ月分の雇用の増加数が合計16万7000人下方修正されたほか、失業率が約2年ぶりの水準に上昇し、米労働市場が減速しつつある可能性が示唆された。
2月は賃金の伸びも鈍化。インディード・ハイアリング・ラボの北米担当経済調査ディレクター、ニック・バンカー氏は「労働市場は昨年のような緩やかな傾向に戻りつつあるようだ」とし、「雇用が維持されていることに加え、賃金の伸びが鈍化しているため、米連邦準備理事会(FRB)は今回の雇用統計に満足しているはずだ」と述べた。
BMOキャピタル・マーケッツのチーフ米国エコノミスト、スコット・アンダーソン氏は「非農業部門雇用者数の堅調な伸びにもかかわらず、今回の雇用統計の内容ははるかに弱い」と指摘。「FRBが伝えているように労働市場のリバランスが進行しており、経済のソフトランディング(軟着陸)と年半ば頃の利下げ開始への扉が開かれている」と述べた。

家計調査に基づく雇用者数は18万4000人減。非農業部門雇用者数の算出に使用される方法を適用すると、家計調査に基づく雇用者数は27万1000人減と3カ月連続で減少した。
このため一部のエコノミストは、3月の雇用統計発表時に2月分が下方修正される可能性があると予想。ウィリアム・ブレアのマクロアナリスト、リチャード・デ・チャザル氏は「われわれの主な懸念は、事業所の非農業部門雇用者数と家計調査の雇用者数との差が広がっていることだ」と言及。「労働市場全体としては依然逼迫しているが、家計調査はその勢いが衰えつつあることをはっきりと示している」とした。
金融市場が見込むFRBが6月までに利下げを開始する確率は80%と、雇用統計発表前の75%から上昇した。
<失業率約2年ぶり高水準、賃金の伸び鈍化>
失業率は3.9%。1月まで3カ月連続で3.7%を維持していたが、2022年1月以来の水準に上昇した。
時間当たり平均賃金は前月比0.1%上昇で1月(0.5%上昇)から減速。前年比では4.3%上昇で1月(4.4%上昇)を若干下回った。

引用元 ロイター通信 (こちらをクリック)