ブログ

2019-08-14
サトシのハナシ
こんにちは。

どうでもいい、おそらく今後何の役にも立たないであろうハナシをします。
お忙しい方は読まないでください。

別にサトシさんを悪く言うハナシではありません。


皆さんはサトシ ナカモトさんをご存知ですか?

僕はまだお会いしたことはないのですが。

では、皆さんビットコインはご存知ですか?

サトシナカモトさんをご存じない方でも、
ビットコインは聞いたことがある!という方は多いかと思います。

ビットコインは、現在2000種類あるとも言われている暗号資産(仮想通貨)の一種で、現在最も流通量が多い暗号資産です。

ビットコインには通貨単位といって、

円やドルのような単位があり、BTC(ビーディーシー)と呼ばれています。

1BTCと記載して「1ビーティーシー」とか、「1ビットコイン」と呼ばれます。

BTCより小さな単位もあります。

1BTCの1000分の1の単位で、mBTC(ミリ・ビーティーシー) と呼ばれます。

そして、mBTCより小さな単位もあります。

1BTCの1,000,000分の1の単位で、μBTC(マイクロ・ビーティーシー)と呼ばれます。

そしてそして、μBTCより小さな単位もあります。

1BTCの1憶分の1の単位で、Satoshi(サトシ)と呼ばれます。

ん? 

いきなりサトシ・・・

そうです。

サトシです。。。

BTCの最小単位はSatoshiなんです。誰が何と言おうと。

1Satoshi(サトシ)=0.00000001BTC なんです。

ビーティーシー、ミリ・ビーティーシー、マイクロ・ビーティーシー、サトシ!!

サートーシーでもなく、サトシ!!

なんです。


では、なぜ???

気になるのはその名前の由来ですが、

ビットコインの開発者とされるサトシ・ナカモトに由来していると言われています。

日本人の名前のようにも聞こえますが、

その正体が誰なのかはっきりしていないとのこと。

サトシがオンラインなどでのやり取りに一度も日本語を使ったことがないこと
使っている英語の表記方法に訛りのようなものが見受けられること
などから日本人の可能性は低いとされています。

ビットコイン史上最大の謎とされるサトシ。

何かサトシに関する有力な手掛かりをお持ちの方は、
Actus NY支店まで情報提供お待ちしております。